ども!こんちわ!

ごんじろう(@gonjiro999)です。

ソーシャルレンディング界でも飛びぬけて高利回りの案件が豊富なクラウドクレジットを知っていますか。

ソーシャルレンディングとはお金を借りたい人と貸したい人をネットで結びつけるサービスです。

詳しくはこちらの記事で説明しているのでまだ見ていない方はこちらもご覧ください。

銀行に眠らせるのは危険!クラウドファンディングで1万円から始めるほったからかし資産運用。

クラウドクレジットは高利回りですが、その反面で【怪しい】と思ったり安全性について不安を抱え、口座開設や投資に踏み切れないという方が多くいます。

しかしクラウドクレジットは充分に信頼を置ける安全性があります

今回はそんなクラウドクレジットについて説明していきます。

クラウドクレジットとは?

クラウドクレジットはソーシャルレンディングの中でも世界の個人や事業へのローンに投資できる案件を取り扱っています。

投資対象の地域はアフリカや南米など様々ですが、新興国が多いのが特徴です。

BONDORAやFELLOWFINANCEを始めとする世界中の企業と提携をしてソーシャルレンディングを運営しています。

日本ではあの伊藤忠商事が株主に

海外のいろんな企業と提携をしているとは言っても日本人は海外の企業はあまり信頼できませんよね。

アップルやMicrosoft等日本でも当たり前に耳にするような企業ならまだしも、

海外の金融会社なんて名前を言われたところでピンと来るはずもありません。

ではクラウドクレジットは日本ではどんな企業と業務提携をしているのでしょうか?

クラウドクレジットのには以下の企業が株主として出資をしています。

  • 伊藤忠商事
  • マネックスベンチャーズ
  • GCIキャピタル

なかでもやはり日本有数の企業の伊藤忠商事が株主にいるのは信頼度が大きいです。

社会人なら伊藤忠商事の名前を聞いたことが無い人はいないはずです。

伊藤忠商事は1949年設立の従業員4000人の超老舗大企業です。

伊藤忠商事が企業として出資しているという事になるのでクラウドクレジットが怪しい企業なら伊藤忠商事も怪しまれてしまいます。

そんなことをわざわざ伊藤忠商事がするとは思えません。

故に伊藤忠商事が資本参加しているクラウドクレジットは企業として大きな信頼があるといえます。

ちょっとやそっとの事で無くなってしまったりすることはないでしょう。

クラウドクレジットのメリット

クラウドクレジットが安心できるソーシャルレンディングサービスである事はわかって頂けたと思います。

しかし資本元の安全なクラウドクレジットはいくつも存在します。

その中でもクラウドクレジットを選びたくなるようなメリットをここでは紹介していきます。

  • 10%越えの圧倒的高利回り。
  • 最低1万円の低額から投資可能!
  • 期待リターンマップで初心者でも一目でわかる

ひとつずつ説明していきます。

他社の追随を許さない。10%越えの利回り。

クラウドクレジットが他のソーシャルレンディングより飛びぬけてすごいところ。

それは10%を超える高利回り案件がごろごろ存在することです。

他のソーシャルレンディングとクラウドクレジットの平均年利を比べてみましょう。

クラウドクレジット:10.9

その他:7.0

平均利回りでも3%もの差がついています。

さらにクラウドは現段階の最高利回りは14.7と圧倒的な高利回りを実現しています。

またクラウドクレジットでは日本円だけでなく、様々な通貨建てで投資が可能です。

これがどういう事かと言うと為替変動益も合わせればもとの期待利回りよりさらに利益が出る可能性があるという事です。

ただ逆にこれはマイナスになる可能性もあります。

為替での損失が怖い人は為替ヘッジで為替リスクを無くす事も可能です。

1万円から投資が始められる!

最低投資額は1万円からです。

いきなり大金を入れるのは怖い。とお考えの初心者の方でもまずは少額から始める事ができます。

しかも一部ではなく、すべての案件が1万円から投資可能です。

ソーシャルレンディングでは気に入ったファンドがあっても、最低投資額が高くてあきらめる事はよくあります。

しかしクラウドクレジットならそんな心配もありません。

気に入ったファンドに少額から投資を始める事ができます。

期待リターンマップで初心者でも安心。

クラウドクレジットでは様々な国や事業に投資が可能です。

しかし初心者は投資対象が多すぎてどこに投資すれば良いかわからなくなってしまいます。

そんな時に使えるのが期待リターンマップ】です。

これはクラウドクレジットがそれぞれの投資先の状況を簡単に見やすくまとめたものです。

毎月更新されているので、初心者の方はまずこちらを確認してから投資をするのがオススメです。

クラウドクレジットのデメリット

クラウドクレジットでデメリットとして言えるのはやはり、高利回り故のリスクです。

実際に遅延が発生している案件もあります。

貸付先に個人も対象としているのでやはりリスクは高めです。

リスクについては先程紹介した、期待リターンマップで危険な案件を回避しましょう

しかし遅延が発生していると言っても、貸し倒れは発生していません。

そもそも投資は無くなってもよいお金でやるものです。

お金が戻ってくるのが少し遅れたとしても困らない程度のお金でやれば遅延しても問題はありません。

高いリターンにはリスクは付き物です。

遅延については企業側に何か求めるのではなく、自分で資金管理をすることで対策を打ちましょう。

クラウドクレジットで投資を始めるには?

クラウドクレジットで投資をはじめる為には口座を開設する必要があります。

口座登録は公式サイトから無料で登録が可能です。

申し込みは上のリンクを飛んで新規登録のボタンを押せば、後はガイドの通りに必要な情報を入力するだけです。

口座を開設すれば、あとは入金をして投資するファンドを選ぶだけです。

初心者の方はまずは期待リターンマップを見てファンドを選んでみましょう!

最後に

今回はクラウドクレジットについて紹介してきました。

クラウドクレジットはとにかく高利回りです。

しかしその分リスクも無いわけではないです。

投資は余剰資金で運用しましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

投資入門の関連記事
  • 大注目のDappsゲーム!オススメのDappsゲームまとめ!
  • 【プレセール】ゲーム性抜群!育成シミュレーションDappsゲーム『AXIE infinity』とは?
  • 【プレセール】注目のDappsゲームETH TOWNとは?Dappsゲームで仮想不動産投資!
  • 【ICO】急成長中のフィリピン発!フィンテック系ICOのMAXBOX(マックスボックス)とは?概要・購入方法を解説!
  • ビットコインキャッシュとは?チャートから見る推移と買い方
  • クラウドバンクは危険?メリット・デメリット解説・評判!
おすすめの記事