ども! こんちわ!

ごんじろう(@gonjiro999)です!

皆さんはリボ払いを使ったことがありますか?

リボ払いとは月々の支払額を決めて返済をしていく事です。

月々5万円のリボ払いなら、仮に100万分使っていても1ヶ月に支払う額は5万円のみとなります。

お金が無くても、欲しいものがあるとつい『リボ払いで払えばいっか!』ってなってしまいますよね。

またカードの種類によってはリボ払いがデフォルトの設定になっていたり、リボ払いが契約の条件になっているものもあります。

使い方によっては便利な機能に見えますが、リボ払いはとても危険です。

ごんじろうからしたらリボ払いなんて百害あって一利なしです。

今回はリボ払いのからくりとその罠について紹介をしていきます。

リボ払いはただの借金です。

そもそもクレジットカード自体そうなんですが、これは立派な借金です。

ほんとうは無いお金を借りてつかっています。

そもそもこれ自体が危険な事です。

自分も日常的にクレジットカードを使いますが、必ず翌月に一括払いです。

翌月一括で払えないような使い方は絶対にしません。

一括返済の場合、利息も付かないしポイントが付くので良い使い方だと言えます。

それでも引き落としの日になると毎月衝撃を受けます。

『自分の口座からこんなにお金が無くなっている・・・』

この衝撃を受ける事が非常に重要なんです。

衝撃を受ける事により、お金が減っている事を自覚できるので浪費をセーブできます。

しかしリボ払いはどんどん借金がキャリーオーバーしていきます。

自分がどれくらい使っているのかもわからないし、どんどん使えるのでリボ払い病になってしまい、いつの間にかとんでもない額の借金になってしまいます。

リボ払いの利息は雪だるま式に増えていく。

リボ払いの金利はだいたいどこの会社でも15%です。

カードで有名なこちらの3社も例外なく15%です。

  • 楽天カード
  • 三井住友カード
  • エポスカード

この15%というのは年利です。

つまり1ヶ月なら12分の1の1.25%で済むわけです。

10,000円なら125円です。

しかしこれが半年になると7%の700円になります。

一気に7倍近くになりますね。

このようにリボ払いの利息というのは支払いが遅くなればなるほどどんどん支払う額も大きくなっていきます。

貯金があるならすぐに返済してしまおう。

仮に10万円のリボ払いでの借金があって、貯金が10万円があるなら即支払ってしまった方がよいです。

その10万円は年利15%の投資と思えばいいんです。

投資は年利10%で運用できれば絶好調と言われます。

何もせずにリボ払いを続けていれば毎年15%を失い続けます。

お金が減るのを最小限にするのはお金を稼ぐ事に等しいことなので出し惜しみせずにすっぱり払ってしまいましょう。

最後に

良いお金の流れを作るには投資が必須です。

当サイトでは投資に関する記事も豊富にございますので、ぜひ浮いたお金で投資にチャレンジしてみてください。

投資の記事一覧最後までお読み頂きありがとうございました。

節約術の関連記事
  • イチバンお得なクレジットカードは?年会費無料のオススメのクレカ
  • リボ払いは絶対にするな!お金の貯まらない人がやりがちな危険なこと。
  • いつもの買い物でキャッシュバック?!お得なネットショッピングmonokaとは?
  • 超お得!【高画質】映画、ドラマ、アニメが無料で見放題!Hulu
  • 航空券を公式サイトで購入してる?同じ飛行機で激安な格安航空券販売所!
  • まだ普通の銀行を使ってるの??インターネットバンキング☆クレジットカードなら断然オトク!楽天銀行
おすすめの記事