ども!こんちわ!

ごんじろう(@gonjiro999)です。

最近爆発的な高騰を2度もしているモナコインをご存知でしょうか?

本日は今HOTなモナコインについてご紹介します。

モナコインの発祥は2ちゃんねる?

仮想通貨の多くは海外で誕生しています。

モナコインはインターネットの匿名巨大掲示板の2ch住民の有志により開発された日本発の仮想通貨です。

掲示板で自然発生的に生み出されたアスキーアートの「モナー」がそのままシンボルマークに使用されていて、若い女性の間にも高い人気を集めています。

2ちゃんねると言えば、良くも悪くも盛り上がる事に関しては結束力が固いです。

これはモナコインも同じでモナコインでしか参加ができないオークションを作ったりと2ちゃんねるの住人たちがモナコイン普及に向けて動いているのもモナコインの強みです。

MONAは掲示板に面白いコメントを書き込んだユーザーへの投げ銭用に開発された仮想通貨で、Twitter上でコメントに対する投げ銭サービス「tipmona」にも利用できます。

コメントに対する投げ銭以外にも日本国内では決済用途での普及も進んでいて、Amazonギフト券と交換したりゲームサイトなどの支払いにもMONAが利用できます。

最近は一部の秋葉原のメイド喫茶でも支払いに利用できるようになり、近い将来に国内は「モナ払い」ができるお店が増える可能性があります。

MONAは2017年10月以降に一般の人々の間にも急速に認知度が高まり、モナコインから仮想通貨投資を始める初心者もいるほどです。

機能的な特徴は決済スピードの速さで、時価総額トップの仮想通貨が10分であるのに対し90秒で決済が完了します。

総発行枚数の上限(1億512万MONA)が存在しておりビットコインと同じようにブロック生成時に新たなコインが発行される仕組みで、2017年秋の時点では約半数のコインが発行済みです。

モナコインは日本では非常に人気が高いのですが海外での認知度が低いため、韓国や欧米でも知名度が上がって取引所に上場することで値上がりを期待することができます。

このため2018年以降でも更に取引価格が上昇する余地があって将来性が期待できる仮想通貨のひとつです。

モナコインの価格推移

実際に現時点でもモナコインは高く評価されており、大手通販サイトでも取り扱われることが発表済みです。

大手の取引所のZaifやビットフライヤーにもすでに上場され上場後は60円からスタートし短期間で90円にまで価格は高騰しました。

直近のモナコインの価格推移は以下のようになっています。

  • 2017年9月:50円
  • 2017年10月:300円
  • 2017年12月:2000円

なんと9月から12月の3か月で40倍です。

仮に100万円分のモナコインを持っていたら4000万円になっています。

田舎だったら立派な新築一戸建てが建つ値段ですね。

ただまだまだ取り扱う取引所の数も少ないので、ポテンシャルの割に価格は安いかもしれません。

しかし現在モナコインの暴騰は世界でも注目されており取り扱う取引所は今後は増加していくと考えられ、そのたびに価格の上昇は続くと予測できるので、将来性は非常に明るいと言えるでしょう。

来年は1MONAで5000円ほどになるのではないかと予想されています。

比較的安い今のうちに購入しておけば、価格が上昇したときに大きな利益を生み出してくれるでしょう。

モナコインは仮想通貨のリスク分散に使える!

モナコインの特徴の1つとして、ビットコインやその他の仮想通貨の価格と連動しないという点があります。

基本的にアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)はビットコインの価格が下がると、つられてアルトコインの価格も下がっていきます。

モナコインは仮想通貨のなかでも、リスクヘッジとして活用することができます。

モナコインを買うならZaif!

現在モナコインを購入できるのはビットフライヤーとzaif(ザイフ)です。

しかしモナコインを購入するなら絶対にzaif(ザイフ)です。

ビットフライヤーは販売所形式という形式になっており。

買いの値段と売りの値段が極端に違います。

しかしzaif(ザイフ)ならユーザー同士が取引できる取引所形式となっており、値段の幅が少ないです。

簡単に言うとzaif(ザイフ)の方が同じモナコインでもダンゼン安く買えます。

さらにzaif(ザイフ)の特徴は、取引手数料がマイナスボーナスであるところでしょう。

一般的に取引を行うと手数料を支払いますが、マイナスボーナスのzaif(ザイフ)なら手数料を払う必要はありません。

それどころか、取引すればするほどボーナスを受け取れる仕組みが導入されています。

取引手数料はキャンペーンによってボーナスが増える仕組みもあるので、積極的に仮想通貨の購入や売却をする人にはおすすめの取引所です。

zaif(ザイフ)の魅力はボーナスだけでなく、技術力の高さにもあります。

運営会社が開発したブロックチェーン技術は、大手企業や海外の都市と提携しながら実験が続けられています。

技術力が高い運営会社として知られているので、安心して仮想通貨を購入することができるでしょう。

さらにzaif(ザイフ)は、取り扱う仮想通貨の種類が多いこともメリットです。

数年で数十倍も価格が上昇した仮想通貨を日本でいち早く取り扱い、情報の提供力は国内でもトップクラスの取引所といわれています。

モナコインを取り扱っているのも、それだけ高い将来性があると運営会社が評価したからでしょう。

将来性が高いモナコインを購入するときに利用すれば、ボーナスを活用しながらお得かつ信頼して取引ができます。

少しでも価格が安いうちに購入したいなら、口座開設をして将来性豊かな仮想通貨を手に入れましょう。

ザイフ公式サイトはこちらから

最後に

今回はMONAについて紹介しました。

仮想通貨はとにかくまだまだ黎明期なのでこれから始めても全然遅くありません。

むしろ早いです。

仮想通貨については当サイトで別の記事も扱っているのでこちらもどうぞ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

仮想通貨の関連記事
  • 仮想通貨の情報収集を効率化!おすすめニュースサイト17選
  • これで決まり!おすすめリップル(XER)ウォレットからNo.1を決定
  • Dappsとは?Dappsで社会の変革が訪れる?将来性や実用例を紹介!
  • 【ICO】保険系ICOのUnizon(ユニゾン)とは?将来性・購入方法について
  • 【ICO案件】医療系ICOのNAMコイン(ナムコイン)とは?将来性・購入方法について解説
  • 仮想通貨LISK(リスク)とは?リスクコインの将来性や買い方について
おすすめの記事