ども!こんちわ!

ごんじろう(@gonjiro999)です!

Zaifトークンがジワリジワリと上がってきていますね!

今回はそんなZaifトークンについて解説をしていきます。

Zaifトークンとは?

ZAIFトークンとは、Zaif取引所を運営するテックビューロという会社が発行するトークンです。

ZAIFトークンは仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)のみで2016年から取り扱われています。

また直近ではコムサという大型ICOに利用できることでも話題となりました。

さらに出来高キャンペーンというものが過去に行われており、総額1億円をユーザーに配布されたこともありました。

トークンとは?

トークンとは、厳密に言うと仮想通貨とは似て非なるものです。

しかし我々投資家からすれば、そんなものはどうだっていいです。

そういう話は技術屋さんに任せましょう。

トークンは仮想通貨の仲間くらいの認識で大丈夫です。

将来性は?ココがすごい!

現時点では仮想通貨の中では比較的知名度が高くないZaifトークン。

しかしZaifトークンの将来性は有望とされています!

具体的にはZaifトークンには以下のような思惑があるのではないかと予測され将来性があるとされています。

  • 他の取引所との差別化で注目を集め、ユーザーを増やしたい。
  • Zaifトークンを成功例にして事業拡大を狙っている。

他の取引所との差別化で注目を集め、ユーザーを増やしたい。

株でもFXでも仮想通貨でも同じなんですが、取引所はユーザーがたくさんいてナンボです。

ユーザーから手数料を取って収益を出しているからです。

しかし現在の仮想通貨取引所ユーザー獲得は【大戦国時代】です。

それぞれの企業が自分の取引所で取引してもらえるように工夫をしています。

そんな中Zaif(ザイフ)の強みは自社発行のトークンを持っている事です。

ZaifトークンはZaif(ザイフ)でしか買えません。

つまりZaifトークンが盛り上がるということはZaifおよび運営しているテックビューロが盛り上がるという事です。

Zaifトークンは考えようによっては自社株のようなものです。

Zaifトークンの値段が上がれば当然テックビューロも儲かります。

さらに話題が呼びZaif(ザイフ)ユーザーも増えてさらに儲かります。

過去のキャンペーンの事例からもわかる通り、何をやってでもZaifトークンを盛り上げるたいはずなんです。

Zaifトークンを成功例にして事業拡大を狙っている。

これはZaif(ザイフ)を運営しているテックビューロに関連しています。

テックビューロでZaif(ザイフ)に並び話題になっているのはICOの仕組みである、【コムサ】ですね。

コムサがやろうとしている事は、簡単に言うと企業相手にトークン発行、資金調達を支援するものです。

しかしこの『トークン発行⇒資金調達』がうまく行くという証明がないと他の企業も『トークンで資金集めをしたい!』と思いませんよね?

コムサやZaifトークンは言わばモデルケースで『トークン発行で資金調達は上手く行くんだよ。』と証明をしたいはずなんです。

このZaifトークンの成功はICOで資金調達を検討している企業への成功事例としてのアピールポイントになるんです。

つまり、このZaifトークンの成功がテックビューロのその他の事業のカギを握っていると考えれば、テックビューロが力を入れるのは至極当然のことと言えます。

これまでの価格推移

チャートを見てもわかるようにZaifトークンの価格の動きはうなぎのぼりです。

大きな価格変動を見てみましょう。

8月:0.1円⇒2.5円(25倍)

12月:0.5円⇒4円(8倍)

直近で二回も大きな価格上昇が発生しています。

もちろん相場なので上がり続ける事はありませんが長期的に見てもジワジワと上がってきています。

ちなみに0.1円から2.5円と聞くと大したこと無いように見えますが、数を増やせばそのすごさがわかります。

仮に0.1円で100万円分のZaifトークンを購入していたとします。

25倍にすると2500万円です。短期間でこれだけの上昇を味わえるのは現在の仮想通貨の醍醐味ではないでしょうか。

今から買っても遅い?

今現在は高騰したとはいえ、まだまだ安価で購入できる内だと考えています。

今のうちに少しずつでも買い集めを行うほうが利益を得る可能性が高くなります。

話題が広まりすぎてトークンを購入したい層が増えるほど、購入が難しくなります。

発行量も決まっているので、トークンには限りがありますので、将来的に手に入れるのが更に難しくなる可能性も考えられます。

投資の基本ですが、投資対象の知名度が広がりきる前に購入しなければ利益は出せません。

後から『あの時買っとけば・・・』とならないようにしっかり考えて行動しましょう。

どうやって購入できる?

ZaifトークンはZaif(ザイフ)で購入できます。

口座を作る費用も維持費も掛からないので、誰でも簡単に作る事が出来ます。

また日本国内での取引所の為、サポートもしっかりしており安心です。

※ただ少しサーバーが弱いのでタイミングによっては根気強さが必要です。。。

申し込みは公式サイトから可能です。

最後に

さんざん煽ってきましたが、これはあくまで私個人の見解です。

いろんな後悔をしないよう自分でしっかり考えて投資しましょう。

また当サイトでは他の仮想通貨についても紹介しています。

合わせてこちらもどうぞ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

仮想通貨の関連記事
  • 仮想通貨の情報収集を効率化!おすすめニュースサイト17選
  • これで決まり!おすすめリップル(XER)ウォレットからNo.1を決定
  • Dappsとは?Dappsで社会の変革が訪れる?将来性や実用例を紹介!
  • 【ICO】保険系ICOのUnizon(ユニゾン)とは?将来性・購入方法について
  • 【ICO案件】医療系ICOのNAMコイン(ナムコイン)とは?将来性・購入方法について解説
  • 仮想通貨LISK(リスク)とは?リスクコインの将来性や買い方について
おすすめの記事