どうも!こんちわ!

ごんじろう(@gonjiro999)です!

イーサリアム(ETH)が高騰していますね。

イーサリアムの時価総額は、仮想通貨で第2位となる約3兆円にまで達しています。

そのため世界中で注目されており、将来性にも期待されている仮想通貨です。

今回はそんなイーサリアムについて解説していきます!

イーサリアムとは?

イーサリアムは、ビットコインと同様に仮想通貨として提供されている通貨です。

時価総額に関しては、ビットコインに次ぐほどの高い人気を誇っており、各国の投資家が好んで投資を行っています。

ビットコインと同様に、中央集権的に誰かが通貨を管理していないのが特徴です。

開発者は存在しますが、その開発者がこの通貨を管理しているわけではありません。

ビットコインの開発に携わった人が開発!?

イーサリアムは将来性や安全性に関して高い評価を得ていますが、これはビットコインを開発していた人材がイーサリアムを開発したという背景があるからです。

仮想通貨のノウハウを知った人材が開発に参加していますので、投資対象としても非常に安全性が高いと判断されています。

プラットフォーム系仮想通貨

イーサリアムは普通の仮想通貨と大きく異なるポイントもあります。

※ちょっと専門的な話になりますが、投資の判断材料の1つになるので一応知っておいた方がいいです。興味のない方はかっ飛ばして読んでください。

イーサリアムは単純な仮想通貨ではなくプラットフォームとしての性質を有していることです。

プラットフォームというのは、プログラミング言語を利用してアプリケーションを開発するために必要になる環境です。

仮想通貨には、それ自体がアプリケーションの開発環境になっているものも存在し、イーサリアムもその一つとして提供されています。

ビットコインと同様にブロックチェーンという技術を用いて開発をしていますが、ビットコインと比較して自由にその内部に追加的な書き込みができる仕組みになっています。

ブロックチェーンを利用して他のユーザーがアプリケーションを作ることができる仕組みであるため、単純な仮想通貨として提供されているわけではない魅力があります。

コインチェックなどの取引所で取引を行う際にも、この通貨のメリットを活かすことができます。

ブロックチェーンの中に契約内容を記録することができるからです。本来、仮想通貨は単純に取引記録だけを記録するためにブロックチェーンを利用します。

一方で、イーサリアムにはブロックチェーンに取引における契約内容まで記録することができるようになっているのです。

これをスマートコントラクトといいます。取引を行う際には、ユーザー同士の承認作業によって取引を行います。

そこで、契約内容を記録できないとなるとトラブルの元になってしまう可能性も出てきてしまいます。

ブロックチェーンの技術を応用すれば契約内容を取引記録と一緒に記録できるため、安全に仮想通貨の取引ができるわけです。

そのため、安全性と将来性を兼ね備えた通貨として人気を集めています。

よくわからなかった方向けに雑に説明すると、便利な機能だからこれから実用化進むし値段上がるんじゃないか?ってことです。

イーサリアムの将来性

日本ではあまり目立ちませんがイーサリアムの将来性は明るいものとして認識されています。

将来性が期待できる理由としては、信頼のできる国や国際的な機関、企業がイーサリアムの活用を考えているからです。

誰もが名前を知っている日本・アメリカ・韓国など世界的な企業が関わっており、活用に共同で取り組む企業連合も組織されました。

企業連合には日本を代表する自動車メーカーも参加しており、それだけで期待値の高さがわかります。

また国連でも活用をしていくプロジェクトが開始され、日本でも国としてのプロジェクトが行われる可能性があります。

海外でも国が推進するプロジェクトが進む可能性はあるので、世界中のすべてを巻き込みながら成長していくと良くできるでしょう。

投資の観点から見た将来性についても、有望といわれています。

期待できる理由としては、仮想通貨の中では比較的安定しているからです。

仮想通貨は一般の通貨に比べると価格変動が大きく、爆発的に上がることもあれば急激に下がることもあります。

そのため投資としてのリスクは非常に大きいと思われがちで、疑心暗鬼になりがちです。

しかしイーサリアムはこれまで安定した取引が続けられており、上昇を続けながら大きく下がることはありません。

もちろん様々な要因によって下がることはあるでしょうが、様々な場所で活用が考えられている仮想通貨なので、長い目で見れば上昇を続けると予測できます。

投資として始めたいなら、安心して取引ができる仮想通貨と言えるでしょう。

将来性が高いイーサリアムは、コインチェックなどの取引所で購入することができます。

取引所によっては購入できない仮想通貨もありますが、世界中で期待されている仮想通貨なので、コインチェックを始めとする取引所では必ずと言って過言ではないほど購入可能です。

ほぼすべての取引所で購入できるというのは、それだけ価値が認められている証拠とも言えるでしょう。

コインチェックを例にすれば、登録手続きをした後に本人確認を行って入金をすると、すぐに購入することができます。

イーサリアムの買い方

初心者がイーサリアム等の仮想通貨を購入する場合、まず登録するのはコインチェックです。

登録はメールアドレスの入力だけで簡単に済むのでまずは登録を済ませてしまいましょう。

※運転免許証等の本人確認書類は後から提出でもOK!

コインチェックはアプリでそのほとんどの作業が完結します。

アプリなら直感的な操作なので初心者の方にも安心です。

取引開始には本人確認の時間がかかるので早めに登録をしておきましょう。

最後に

仮想通貨は今ほんとに盛り上がっています。

今からでも遅くないのでこのビッグウェーブにみんなでのりましょう。

さんざん煽ってきましたが、これはあくまで私個人の見解です。

いろんな後悔をしないよう自分でしっかり考えて投資しましょう。

また当サイトでは他の仮想通貨についても紹介しています。

合わせてこちらもどうぞ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

公式Line@のメンバー募集中

サイトでは公開できていない情報をLINE@のお友達限定で公開してます!

興味のある方は是非登録をお願いします!
友だち追加

 

 

仮想通貨の関連記事
  • 仮想通貨の情報収集を効率化!おすすめニュースサイト17選
  • これで決まり!おすすめリップル(XER)ウォレットからNo.1を決定
  • Dappsとは?Dappsで社会の変革が訪れる?将来性や実用例を紹介!
  • 【ICO】保険系ICOのUnizon(ユニゾン)とは?将来性・購入方法について
  • 【ICO案件】医療系ICOのNAMコイン(ナムコイン)とは?将来性・購入方法について解説
  • 仮想通貨LISK(リスク)とは?リスクコインの将来性や買い方について
おすすめの記事