どうも!こんにちわ!

ごんじろう(@gonjiro999)です!

イーサエモンやイーサクラフトと言ったDappsの仕組みを使ったゲームが流行ってきていますね。
Dappsはその透明性からゲームに適しているとされています。
今回は仮想の不動産投資・運用をテーマにしたDappsゲームETH TOWNについて紹介をしていきます。

ETH TOWNとは?

ETH TOWNとはいったいなんのことでしょうか?
ここではETH TOWNの基礎的な部分を見ていきましょう。

仮想の不動産投資・運用ゲーム

ETH TOWNとは仮想の不動産投資や不動産の運用をするゲームとなっています。

主なゲームの内容はゲーム上に存在するタワー内のフロアを購入して、そのフロアでミニゲームを実施して運用してインカムゲインを得たり、フロアごと売却することによってキャピタルゲインを得ることができたりします。
ゲームはまだリリースされておらず、現在はプレセール中となっております。

ゲーム内容の詳細は現段階で分かっている時点で以下3つが明らかになっております。

クリプトタワー

ETH TOWNのメインのゲームはクリプトタワーです。
ゲームのほとんどがクリプトタワーを舞台に行われます。

クリプトタワーにはクリプトオフィスとクリプトアパートがあります。

ゲーム内でも様々な建物やビジネスが存在するようで、フロアごとに独自のルールや収益のスキームがあります。

プレーヤーが新しいフロアーを購入したり他の方法(現段階で詳細は未定)でフロアーに参加するたびに、自身のコレクションに特別な成果履歴を追加されるようです。
特別な成果履歴を多く所有しているプレイヤーには、ETH.TOWN内でスペシャルな特典が提供されていく予定と公式サイトで展開されています。

ミニゲーム

建物やフロアごとにミニゲーム等も用意されておりフロアは高額で購入ができないという方でもゲームに参加できるようになっています。

具体的なミニゲーム内容はまだ明らかになっていませんが、フロアの業種により決まるようです。
例としてダイスゲームというものが公式サイトで公開されていました。
といっても詳細は特に公開されていないので、なんとなくイメージするのはすごろくみたいなものか、チンチロのようなものでしょうか。

その他にも続々ミニゲームは追加される予定となっております。

ヒーローの育成

クリプトタワーの運営を盛り上げる役目としてヒーローというキャラクターの要素もあります。

ヒーローはクリプトタワーの各フロアーで収入を最大化するために活躍してくれます。

基本的にはヒーローはレベル0で生まれ、最高レベルは15で設定してあります。
最高レベルの15レベルになるとヒーローはスターヒーローと呼ばれるようになります。

またこのヒーローというキャラクターはフロアの運営の手助けをするだけでなく、ヒーローを使用してゲームをすることもできます。
上述したミニゲームもこのヒーローというキャラクターを使って参加することとなります。

またヒーローにはスキルという特殊能力のようなものを持っており、ミニゲームによってはスキルの活用で優位にゲームを進める事も可能です。

ここがおもしろそう!ETH TOWNの注目ポイント!

ここではETH TOWNの期待できるポイントについてみていきましょう!

ゲーム感覚で不動産投資の疑似体験ができる

このゲームのテーマは不動産投資となっております。
不動産投資は自分も興味がありますが、実際にやるのは金額的にかなり大きなお金が必要になるので、なかなかハードルが高いです。

しかしETH TOWNは実際のお金を使いながらゲーム内で不動産の運用や売買が可能です。
実際の不動産投資の勉強になるかどうかはまた別の話とはなりますが、運用益や売却益を仮想通貨で手にすることができるので不動産オーナー気分を味わうことができます。

先行者特典が大きい

このETH TOWN。先行者利益がめちゃくちゃ大きいです。

ゲームで利用する建物のフロアやヒーローはプレセール中に購入するとかなり格安で購入することが可能です。
単純に今のうちにアイテムを安く購入できれば、後にゲームが盛り上がっているときに新しいユーザーにアイテムを販売してキャピタルゲインを得ることもできます。
クリプトタワーのフロアも同じでETH TOWNのゲームが盛り上がれば運用益も大きくなるし、さらに売却益も出すことができるでしょう。

ETH TOWNの日本コミュニティでも先行者が恩恵を受けれる可能性についてtweetしています。

投資の要素も強く、うまく行けば利益を出すことも可能

先ほどから少し触れていますが、このゲームはゲームでありながら儲けを出すことが可能です。
不動産の運用益も売却益もすべてトークンで受け取ることが可能です。

だいたいの課金系のソーシャルゲームは課金した先に待っているのは寂しくなってしまった財布と虚無感ですが、ETH TOWNならゲーム内で強くなれば、実際のお金も手にいれることができます。

もちろん投資なので、ぜったいに儲かるわけではありませんが、確実に損をするソーシャルゲームに課金をすることに比べたらよっぽど良いはずです。

Dappsの仕組みを取り入れいているので透明性が高い

運営の仕組みはDappsが取り入れられています。
Dappsとはざっくり言うと中央集権を持たない事です。
Dappsについては詳しくはこちらをご覧ください。

Dappsとは?Dappsで社会の変革が訪れる?将来性や実用例を紹介!
2018-03-13 13:59
ども!こんちわ! ごんじろう(@gonjiro999)です! 仮想通貨投資について勉強をしているとDappsという言葉を聞くことがあるのではないでしょうか。 Dappsは日本語で分...

このDappsゲームのメリットとしてオープンソースでみんなで管理、運営をしていくので透明性が高い点が挙げられます。
投資要素もあり、お金がかかわってくるゲームなので透明性は非常に重要です。
お金の関わるゲームで負け続けると『自分が負けるように操作されてるんじゃないか!』って言いたくなりますよね。
しかしそんな憶測をしても調べるすべがなく、泣き寝入りするしかありません。

Dappsならそんな不正操作がされていないかどうかを誰しもが確認することができます。

お金が関わっているゲームだからこそDappsという仕組みにとてもマッチしています。

自分独自のオリジナルキャラクターの作成が可能

プレセール(下で詳しく説明)中にレベル9のキャラクターを5体購入すると自分だけのオリジナルキャラクターが作成してもらえるというキャンペーンを実施しています。

自分の写真を運営に送り、後日完成したキャラクターが付与されるようです。

実際にTwitterでは仮想通貨界隈の有名人の方が自分のキャラクターを公開しています。

イケハヤさんそっくりですね!このクオリティで作ってもらえたらうれしいですねw
興味のある方はぜひレベル9のキャラクターを5体購入して申請してみてください。

作成は実績のあるゲーム開発会社が担当

ETH TOWNはOn5.ゲーム開発スタジオという海外のゲーム制作会社によって開発されています。
On5.は基本的に携帯ゲームの製作を専門としています。

IOSやandroidでもゲームアプリをリリースしている実績のあるゲーム制作会社です。

これまでのDappsゲームはゲーム業界ではないところからのリリースが多かったですが、ETH TOWNはゲーム制作の実績のある会社の制作となっているので、投資要素だけでなく、ゲームそのものの面白さにも期待ができます。

ETH TOWNで遊ぶ際の注意点

ここではETH TOWNを始めようと思っているかたへ遊ぶさい注意していただきたいポイントをまとめました。

とにかく情報が少ない

ETH TOWNはとにかく情報がすくないです。

公式サイトにある情報もかなり限られています、さらにそもそも未決定である事項も多く、情報を集めるのが極めて難しいです。
公式サイトの情報だけでなくTwitter等の情報にも注目が必要となっております。

ゲームとして考えたら課金要素が強すぎる

課金アイテムは0.5ETHとかは当たり前です。
さらにはオークションでは10ETH越えのものも存在します。

実際に落札された北の指導者っぽい人物のキャラクターは15ETHで落札されています。
15ETHはだいたい今のレートで6万円(3/21現在)くらいなので約90万円くらいです。

冗談じゃないですね。
普通のゲームと考えたらありえない額の課金をすることになるのがDappsゲームの特色のひとつです。

そこは投資と割り切って参加できるくらいの余剰資金がない場合は参加するのは難しいかもしれません。

ETH TOWNのロードマップはどんな感じ?

イーサタウンのロードマップです。

3月15日:プレセール開始
インベスタートークン(IT)がEtherDeltaへ上場
4月:フルVerリリース
4月:POWHイベント
4月:2つのミニゲームを追加
5月:CryptoKittiesイベント
5月:ヒーローズに関するミニゲームを追加
6月:CryptoCountriesイベント
6月:モバイルVerのリリース
夏:ITを多くの取引所へ上場予定

どんなイベントかはまだ公開されていませんが、イベントもかなり豊富に開催されるようです。
ミニゲームも随時追加される予定ですし、充実のラインナップと言えるでしょう。

一番の注目はゲーム内で使われるトークンがイーサデルタに上場されている事ですね。
ゲーム内で得た配当や売却益は取引所でメジャー通貨と交換ができます。

さらに夏ごろにはさらに多くの取引所で上場をする予定とのことなので、ゲーム内通貨そのものの価値の高騰もあり得ない話ではないでしょう。

ETH TOWNプレセールの内容は?

ETH TOWNで現在行われているプレセールの内容を見ていきましょう。

ちなみにこのプレセールで集まったお金は広告費用に回されるようです。
ゲーム自体の盛り上がりはプレセール参加者にとっては重要なことなので広告にある程度コストをかけれるのは安心ですね。

スターヒーローのオークション

ヒーローは基本的にレベル0で入手することになるのが、ゲーム開始後のルールですが、プレセール中は最初からレベル15(MAX)のキャラクターをオークションで購入することができます。

ヒーローは本来時間をかけて育てていくものなので、レベルMAXのキャラクターを最初から入手できればゲームを有利に進めることが可能です。

いわば最初から強くてニューゲームでゲーム開始できるようなもんです。

フロアー獲得

ETH TOWNのゲームの肝である、不動産の部分です。
建物のフロアを0.5ETHから購入することができます。

このフロアを購入しておけばのちのち配当を得たり、売却をして売却益を得ることが可能です。

こちらは全体で最大100ETHまでの購入となっているので、購入を検討される方は早めの購入をオススメします。

ヒーロープレセール

ゲーム内で使うヒーローをレベル9の状態で購入することができます。
こちらは先程のレベル15のスーパーヒーローのようにオークション形式ではないので、購入をしようと思えば購入が可能です。

キャラクターはガチャのようなもので排出されるのでどんなキャラクターが出るかは、購入してからのお楽しみです。

こちらも徐々に値段が上がってきているので早めの購入がオススメです。

インベスタートークン

インベスタートークンとはゲーム内で使われる通貨です。
ゲーム内でのやりとりはこのインベスタートークンを用いて行われます。

本来インベスタートークンはゲーム内で利益を出した場合のみ取得が可能ですが、プレセール中はヒーローやフロアの購入の特典で1ETHごとに200インベスタートークン付与されるようになっています。

このインベスタートークンはゲーム序盤から有利に進めることはもちろんのことイーサデルタに上場しているので、ゲームで遊ばなくなっても売却をすることが可能です。

このインベスタートークンの売却はパズドラで言ったら魔法石が現金化できるような感じです。
これも仮想通貨を使ったDappsゲームならではと言った感じですね!

ETH TOWNの始め方

ここからはETH TOWNの始め方についてみていきましょう。

まずはETH TOWNのホームページへアクセスします。

最初に左っかわの国旗で日本語を選択しましょう。
すると表記が日本語に訳されます。
日本語訳がいまいち変な日本語になってしまうのは多めにみましょうw
その後赤枠の箇所にメールアドレスを入力します。
入力が完了したら緑色のボタン(てっぺんまで!)をクリックしましょう。
すると確認のメールが届くのでメール記載のURLをクリックして登録完了です。
その後『Please check your inbox!』をクリックしてログインしましょう。
あとは自分が購入したいものをクリックして数量を選択するだけで購入が可能です!

まとめ

いままであったDappsゲームは結構がっつりパクりだったりゲームとしてイマイチなものが多かったですが、ETH TOWNはゲーム開発の実績のある会社が開発しているだけあって楽しみですね!

興味のある方がぜひ購入をしてみてください!

最後までお読み頂きありがとうございました。

投資入門の関連記事
  • 大注目のDappsゲーム!オススメのDappsゲームまとめ!
  • 【プレセール】ゲーム性抜群!育成シミュレーションDappsゲーム『AXIE infinity』とは?
  • 【プレセール】注目のDappsゲームETH TOWNとは?Dappsゲームで仮想不動産投資!
  • 【ICO】急成長中のフィリピン発!フィンテック系ICOのMAXBOX(マックスボックス)とは?概要・購入方法を解説!
  • ビットコインキャッシュとは?チャートから見る推移と買い方
  • クラウドバンクは危険?メリット・デメリット解説・評判!
おすすめの記事