ども!こんちわ!

ごんじろう(@gonjiro999)です!

Dappsのゲームが続々リリースされております!
Dappsは日本語で分散型アプリケーションと言い、具体的にはブロックチェーンを用いた非中央集権的なアプリケーションのことを指します。
Dappsはその透明性の高さからゲームとの相性が抜群に高いということで世界中から大注目を浴びています。

今回はそんな話題のDappsゲームについて紹介をしていきたいと思います!

Dappsとは?

Dappsゲームの紹介の前にそもそもDappsとは何かを簡単におさらいしておきましょう!

分散型アプリケーション

Dappsとは日本語で言うと分散型アプリケーションのことです。
全然ピンと来ませんよねw

Dappsとは以下の3つの条件を満たす仕組みのことを指します。

①アプリケーションがオープンソースである
②トークンを利用している
③ユーザーの合意のもとでの改善

簡単にまとめると中央管理者を持たず、みんなで管理する民主主義の仕組みって感じです!
詳しい事はこちらの記事で解説をしているのでDappsとはなんぞや?ってかたはまずこちらをご覧ください。

Dappsとは?Dappsで社会の変革が訪れる?将来性や実用例を紹介!
2018-03-13 13:59
ども!こんちわ! ごんじろう(@gonjiro999)です! 仮想通貨投資について勉強をしているとDappsという言葉を聞くことがあるのではないでしょうか。 Dappsは日本語で分...

Dappsゲームのメリット

Dappsの仕組みをゲームに導入することのメリットとして挙げられるのは透明性の高さです。
Dappsはオープンソースであることが条件として存在します。

このオープンソースであることこそがDappsの透明性の高さにつながります。
ソーシャルゲームのガチャが良い例です。
イベントなんかでお目当てのキャラクターの出てくる確率が○倍にアップ!というキャッチコピーに負けてうっかり数万円分のガチャを回してしまったなんてことはざらにあるとはずです。
ソーシャルゲームのガチャって排出される確率は公開してあるゲームもありますが、それが本当かどうかというのは確認のしようがないですよね。
※もちろん本当のことが書いてあると信じたいですが・・・

Dappsならオープンソースなので、ゲームの内部のコードまで確認することができるので、そのゲームが公正であるか確認することが可能です。

故にDappsとゲームは相性が良いといわれています。

Dappsゲームのデメリット

Dappsのゲームのデメリットとして挙げられるのは中央管理者が存在しないので、みんなが興味を持たなくなってしまったら、そのゲームはただ腐っていくことです。

中央管理者が存在する場合、それはその企業や組織にとって収入源となるので、お金使って広告打ってでも盛り上げようとします。
しかしDappsのゲームは中央管理者が存在しないので、ゲームの活気がなくなった時、盛り上げる活動をするユーザーがいなければ、そのまま衰退して、忘れさられていく可能性があります。

またサーバー等もユーザーから提供されるので安定が難しく、利用手数料も高いなどまだまだ現段階では課題として挙げれる点も多いのも事実です。

注目のDappsゲーム

ではいよいよ今注目されているDappsゲームを紹介していきましょう!

ETH TOWN(イーサタウン)

一番最初に紹介するのはETH TOWN(イーサタウン)です。
こちらは仮想の不動産投資・運営をして利益を出すゲームとなっております。

不動産の他にも『ヒーロー』というキャラクターやミニゲームも用意されており、ゲーム性も高くなっております。

現在プレセール中でゲームのカギを握るヒーローやフロアの販売も行っています。
プレセールではスターヒーローというレアキャラクターのオークションが開催されており、すでに数100万で落札されているものもあります。

Dappsゲームのなかでもかない注目をされている作品です。

ETH TOWN(イーサタウン)公式サイト https://eth.town/

ETH TOWN(イーサタウン)についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

【プレセール】注目のDappsゲームETH TOWNとは?Dappsゲームで仮想不動産投資!
2018-03-26 18:58
どうも!こんにちわ! ごんじろう(@gonjiro999)です! イーサエモンやイーサクラフトと言ったDappsの仕組みを使ったゲームが流行ってきていますね。 Dappsはその透明...

Etheremon(イーサエモン)

次に紹介するのはEtheremon(イーサエモン)です。

Etheremon(イーサエモン)はDapps版ポケモンのようなゲームです。

ゲーム内容としては以下大きくわけて3つです。

・イーサリアムネットワークで発行された限定のバーチャルモンスター、イーサエモンを捕獲して図鑑を完成させる。
・イーサエモンを強くしたり、卵を産ませたり、進化させたり、他のプレイヤーと交換したり貸したりする。
・プレイヤー同士でイーサエモンを戦わせてトークンを集める。

まんまポケモンですね!w
絵のテイストなんかもほんとにそのまんまポケモンです。

ポケモンと違うのはトークンを介してではありますが、お金のやりとりが含まれることでしょう。
どのDappsゲームもそうですが、課金要素がかなり強いのも特色のひとつです。

Etheremon(イーサエモン)公式サイト https://www.etheremon.com/

Ethercraft(イーサクラフト)

次に紹介するのはEthercraft(イーサクラフト)です。

Ethercraft(イーサクラフト)は当初Dapps版マインクラフトのようなものだと思われていましたが、徐々にゲーム内容が公開されるにつれて、どちらかというとトルネコや風来のシレンのようなダンジョン系のローグライクRPGと言うことが明らかになってきました。

現在も開発中で現段階ではアイテムの購入しかできません。
開発は以下の三段階で行われる予定です。
・アイテム
・クラフティング
・ダンジョン探索

この真ん中のクラフティングがアイテムを配合して新しいアイテムを作り出すという要素で、このゲームの中核となるようです。
プレイヤー同士の売買も実装予定でレアなアイテムは高額で取引される可能性があると言われています。

Ethercraft(イーサクラフト)公式サイト https://ethercraft.io/

Etherions(イーサリオンズ)

Etherionsはドラゴンを育成するゲームです。

現時点では購入したドラゴンにえさを与えるくらいの機能しか実装されていないようです。

ドラゴンを育てて売買したりするのがゲーム内容のメインになりますが、
公式サイトにはドラゴン同士のバトルをすることが可能になる旨が記載してあります。

グラフィックが美麗でモンスターハンターのようなゲーム映像が公開されています。

これからもどんどん開発がされていくはずなので、今後の続報に期待と言ったところでしょう!

Etherions(イーサリオンズ)公式サイト https://www.etherions.com/

BitPet(ビットペット)

BitPet(ビットペット)はビットペットと呼ばれるゲーム内のうさぎのような生き物を集めたり・育てたり・売買するゲームです。

直近でウサギ同士のレースのミニゲームがリリースされており、ゲーム性も高くなっております。

さらに4月・5月にも新しいミニゲームがリリースされる予定となっております。
まだ、どんなゲームがリリースされるかは公開されていませんが、
ウサギのステータスも筋力・敏捷・体力・知力・幸運と種類が豊富なので、このステータスが活かせるゲームがリリースされるんじゃないかと予想されています。

2018年4月にはスマホにも最適化がされる予定となっています。
今はなんでもスマホでできた方がシェアを広げるのには有利なので、スマホ対応のタイミングでユーザー増加が期待されます!

キャラクターもなんかブサかわいくて人気になりそうですね!

BitPet(ビットペット)公式サイト https://bitpet.co/

Cryptosaga(クリプトサガ)

Cryptosaga(クリプトサガ)はDappsのロールプレイングゲームです。

カードをイーサリアムで購入をして、育成してバトルをするような流れです。

ゲームはダンジョンを進めるのと、プレイヤー同士で戦えるアリーナ、またプレイヤー同士でチームを組めるギルドというシステムが存在します。

アリーナでのプレイヤー同士でのバトルは勝利することで仮想通貨を手に入れることができるようなシステムが導入されています。

さらに自分で育てたキャラクターをオークションで売買も可能です。
もちろん逆にオークションで最初から強いキャラクターを手に入れてアリーナでバトルしてその分のもとを取る事も可能です。
プレイヤーによってプレイスタイルが分かれそうなゲームです!

Cryptosaga(クリプトサガ)公式サイト https://cryptosaga.io/index.html

FISHBANK(フィッシュバンク)

FISHBANK(フィッシュバンク)はサカナの育成をするゲームです。

基本のゲーム内容は餌を与えて育成してサカナの価値を上げていくゲームになっています。
繁殖してサカナを増やしていくこともできるようです。
ミニゲームのようなゲームも実装される予定で既に公式サイトでは22万人以上の登録者がいるようです。

サカナにはステータスが存在しており、パワー、敏捷性、スピードのステータスがあります。
スピードと敏捷性の違いがいまいち現段階ではわかりませんが、こちらもミニゲームを有利に進めるために使用することが予想されます。

サカナのトレードも可能でこちらもしっかり育成して価値上昇をさせて儲けを出すことが可能なようです。

FISHBANK(フィッシュバンク)公式サイト https://fishbank.io/

Cryptokitties(クリプトキティ)

Cryptokitties(クリプトキティ)は子猫を育成するゲームです。
子猫を購入して交配を繰り返し、より希少な猫をコレクションするのが目的となっております。

このゲームは猫の交配が親の遺伝子を受けつぐ仕組みになっており、親猫の特徴を引き継ぐことができます。
毛皮の模様やひげの長さ、顔、背景など、様々なビジュアルの猫を交配することができます。

持っている猫はオークションで売買にすることも可能となっており、希少な猫はすでに数百万円以上でやりとりされております。

Cryptokitties(クリプトキティ)公式サイト https://www.cryptokitties.co/

CryptoHorse(クリプトホース)

CryptoHorse(クリプトホース)は馬の育成のゲームです。

基本のゲーム内容は馬を育てて交配して売買を行うというものです。
現段階ではレース機能がついていませんが、今後レースの要素が可能になればいわゆるスターホースみたいなゲームになる事が予想されるので競馬好きにはたまらないでしょう。

もちろんトークンを使ってやりとりが行われるので、より臨場感のある競走馬育成ゲームとなるでしょう。

レース機能の実装に期待です!

CryptoHorse(クリプトホース)公式サイト https://www.cryptohorse.ch/index.html

Cryptocities(クリプトシティ)

Cryptocities(クリプトシティ)はブロックチェーン上に存在する土地を売買していくゲームです。

さらに現存する土地だけではなく新しい土地を発見することも可能になっております。
その新しい土地ももちろん売却することができるので発見⇒売却で儲けを出していくことも可能なゲームとなっております。

注目ポイントとして、API公開でほかのゲームと連携をすることができるようで、ほかのゲームでも自分の持っている土地を利用することができるので、Cryptocities(クリプトシティ)での資産がまったく別のゲームでも活用をすることができるようになります。

この仕組みはいろんなゲーム会社が参入してくる可能性もあるので、今のうちに購入をしておくと後から大化けすることもあり得ない話じゃないかもしれませんね!

Cryptocities(クリプトシティ)公式サイト https://cryptocities.net/

まとめ

現段階でも紹介しきれないくらいのDappsゲームが存在しています。
しかしまだまだ開発段階のものが多いです。

Dappsゲームはゲームをしながらお金儲けをすることも可能です。
将来は職業がゲームの中のアイテム屋さん。みたいなこともあり得ない話じゃないかもしれませんね!

最後までお読み頂きありがとうございました。

投資入門の関連記事
  • 大注目のDappsゲーム!オススメのDappsゲームまとめ!
  • 【プレセール】ゲーム性抜群!育成シミュレーションDappsゲーム『AXIE infinity』とは?
  • 【プレセール】注目のDappsゲームETH TOWNとは?Dappsゲームで仮想不動産投資!
  • 【ICO】急成長中のフィリピン発!フィンテック系ICOのMAXBOX(マックスボックス)とは?概要・購入方法を解説!
  • ビットコインキャッシュとは?チャートから見る推移と買い方
  • クラウドバンクは危険?メリット・デメリット解説・評判!
おすすめの記事