どうもこんにちわ!

節約投資家のごんじろうです!

ビットコインや仮想通貨が最近ニュースでよく話題になっていますね。

詐欺が蔓延しており危険だと紹介される事が多いので、ネガティブなイメージが先行している方が多いです。

しかし一方でSNSをはじめとするネット界では『億り人』と呼ばれる仮想通貨で億万長者になったという人も大勢目にします。

今回はビットコインとは?仮想通貨とは?いったい何なのか。

またその安全性や将来性ついてご説明をしていこうと思います。

そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨は仮想なので実体はありません。ビットコインなんて硬貨はもちろん存在しません。

では仮想通貨とはいったい何なんでしょうか?

仮想通貨でよく例えられるのは電子マネーです。

suicaやEdy同様に現金ではないが現金と同じように使えるものです。

ただ電子マネーと決定的に違うところがあります。

それは仮想通貨自体が価値を持っていることです。

電子マネーであれば日本円100円分チャージしたら100円分の電子マネーにしかなりません。

一方ビットコインを代表する仮想通貨はコインそのものに価値があるので、100円分チャージした場合

その仮想通貨が500円の価値になるかもしれないし50円の価値になるかもしれません。

為替と似たような仕組みと思って頂ければよいです。

簡単に言うと外貨と同じようにビットコインも常に価値が変動をしているということです。

長期的に見てビットコインの価値は日々上がっています。

しかもそれはとてもすごいスピードで上がっています。

次はビットコインのこれまでの価格の推移について説明します。

ビットコインのここがすごい!

ビットコインの歴史のような話になってしまうのですが、

2009年1月にビットコインというものが世に出回るようになりました。

その時のビットコインの値段は1ビットコインで1円以下の価値しかありませんでした。

しかし現在のビットコインの価値を皆さんはご存知ですか?

1ビットコイン50万円ほどです。

これがどういうことかわかりますか?価格が50万倍になったという事です。

具体的に言うと、仮に2009年に1000円分のビットコインを購入していたとしましょう。

今その1000円は5億円になっています。

なぜここまで価値が高騰したのか。

ビットコインの値上がりがものすごい事はわかりましたが、つぎに気になるのは『なぜここまで価値があがったのか?』ですね。

これはビットコインがこれまでに無いくらい便利だからです。

便利なものが需要が高くなって価値が上がるのはいたって自然なことですね。

では具体的にどんな点が便利なんでしょうか?

一般的にビットコインは以下の点で便利とされています。

  • 送金が速い
  • 365日24時間いつでも送金可能
  • 手数料が安い

ビットコインは送金が速いです。

特に海外への送金は現金とは比べ物になりません。

例えば円を中国へ送るします。

この場合いちど円をドルに交換してドルから中国の通貨の元に交換することになります。

しかしビットコインであればそのまま送金することができます。

さらにビットコインは銀行と違って24時間営業です。

銀行振込であれば夜中に振り込んでも手続きをされるのは翌日になってしまいます。

土日を挟めば何日もかかりますし他行宛てだったり海外宛てだったらさらに時間がかかります。

その点ビットコインは常時取引が稼働しているので、他行だろうが海外だろうが関係なく即送金ができます。

またビットコインは手数料がとにかく安いです。

銀行の場合振込の額面にもよりますが、手数料は100~1000円程度かかります。

さらに海外だと一回の振込で何万円だとか何十万円という額がかかってきます。

しかしビットコインでの送金の手数料は数十円程度です。

銀行に比べ、かなり安い金額で行う事ができます。

まとめると以下のように説明できます。

現金と比べて送金にかかる工程や人件費が少なく安くてスピーディにいつでも送金ができるという事からビットコインは便利なものとして流通しています。

今から仮想通貨を買っても遅いのでは??

ビットコインの価値の高騰がその便利さゆえのものと分かったところで、投資対象としてのビットコインについて考えてみましょう。

ここまでのビットコインの話を見て、今あなたはこう考えているのではないでしょうか?

『1円時代のビットコインを購入できていれば大儲けできたのはわかるけど、値段が上がりきってしまった今、もうビットコインを買ってもしょうがないのでは?』

確かにこれからビットコインが50万倍になるとは考えにくいです。

しかしビットコインを始めとする仮想通貨はまだまだ黎明期です。

便利で少しずつ世の中に流通するようになったとはいえ、まだまだ仮想通貨の技術は応用できるとされております。

価格としてもビットコインは将来1000万円になるのではないかというアナリストもいます。

このアナリストの信憑性が高いかは別としても、このくらい価値があがる予想がされる技術であるという事は事実です。

これからもっと世の中に流通するようになれば値段が上がっていくのは必然です。

投資対象としてはもちろん、日常での実用化になった場合の練習と思ってあらかじめ持って慣れておくのは賢い選択です。

気になるリスク、デメリットは?

ここまでビットコインの明るい未来について説明してきましたが、もちろんリスクが無いわけではないです。

仮想通貨は円やドルのように政府や国がバックについているわけではありません。

みんなが『これは価値があるものだ』という総意の元価値をなしています。

よくビットコインは民主主義の通貨なんて言います。

価値を決めているのは政府等でなくみんなの声です。

仮にみんなが『価値のないもの』と思ってしまったら、突然価値がゼロになってしまいます。

ただ先程も説明したとおり、ビットコインの実用化に向けて世の中が動いています。

突然価値がなくなる可能性はかなり低いと言えます。

では次は仮想通貨の購入の仕方をご説明しようと思います。

どうやって仮想通貨を持つことができるの??

ビットコインは仮想通貨取引所というところで購入することができます。

ビットコインの取引所は国内でも複数ありますがそれぞれに取り扱っている通貨や特徴があるので使い方によって分けるのがオススメです。

下の記事ではオススメの仮想通貨取引所や取引所ごとの特徴を紹介しています。

是非参考になさってください。

ビットコイン・仮想通貨取引所!まとめ・比較!オススメは?

最後に

これからのビットコインは投資対象としてはもちろん、日常の決済でもどんどん世の中に入り込んできます。

早いうちから使っておくことで世の中のトレンドに乗るとともに価格変動で資産も増やせて一石二鳥です。

まだ黎明期の今のうちに仕込んでおきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

仮想通貨の関連記事
  • 仮想通貨の情報収集を効率化!おすすめニュースサイト17選
  • これで決まり!おすすめリップル(XER)ウォレットからNo.1を決定
  • Dappsとは?Dappsで社会の変革が訪れる?将来性や実用例を紹介!
  • 【ICO】保険系ICOのUnizon(ユニゾン)とは?将来性・購入方法について
  • 【ICO案件】医療系ICOのNAMコイン(ナムコイン)とは?将来性・購入方法について解説
  • 仮想通貨LISK(リスク)とは?リスクコインの将来性や買い方について
おすすめの記事