ども!

副業投資家のごんじろうです!

今回は仮想通貨界のお祭りイベント半減期についてご紹介しようと思います。

この半減期は仮想通貨投資で儲けようと思っている人にはビッグチャンスです。

上手く波に乗る事ができればたっぷりと利益を出せる可能性があります。

そんな魅力を秘めた半減期について、仮想通貨初心者でもしっかり理解ができるよう難しい話抜きで、利益を出す為に必要な部分だけかいつまんで説明していこうと思います!

※そもそも仮想通貨ってなに(>_<)という方はまずはこちらを見てください。

半減期とマイニングの密接な関係性

皆さんはマイニングという言葉を聞いたことがありますか?

マイニングとは仮想通貨を管理している人達への給料のようなものです。

分かりやすく説明すると、

お金のやり取りは銀行等でどこからどこへ振り込まれたか等の情報を台帳につけていますね。

しかしビットコインや一部の仮想通貨には銀行等の中央機関がありません、それはつまり誰も管理をしていないという事です。

誰も管理をしていなかったら、お金のやりとりなんてできません。

なので台帳管理をしてくれている人たちがいます。

その人達が得る報酬をマイニングと言います。

この報酬は誰かから誰かへ渡されるものでは無く、新たに採掘されるようなイメージです。

この採掘の話は半減期の説明で重要なのでしっかり覚えておいてください。

またマイニングを貰う人たちの事をマイナーと呼びます。

半減期とは?

いよいよ半減期の解説をしていきます。

半減期とはマイニングで貰える報酬が半分になる事です。

つまりざっくり言うと、今まで同じ事やってて10万円貰えていたのが、ある特定の期間だけ5万円しか貰えない時期があるという事です。

半減期を利用した投資法とは?

半減期については理解して頂けたでしょうか。

ではどうやってこれを利用してお金儲けができるのでしょうか。

半減期についてもう少し考えてみましょう。

マイニングをする為には相当な労力や電気代等のコストが発生します。

しかし先ほども伝えた通り報酬は半分になってしまいます。

当然コストや労力に見合わないのでマイナー達はマイニングをやめてしまいます。

するとどうなるでしょうか。

半減期になったからと言って仮想通貨の需要は変わりません。

しかし半減期に入るとマイナーがマイニングをやめるので、供給は減ってしまいます。

これにより需要と供給のバランスが崩れて大きく値動きをすることになります。

これまでの仮想通貨の半減期の傾向は価値が大きく上がる傾向にあるようです。

※もちろん相場なので絶対ではないです。

そしてしばらくしてまた半減期が終わったら需要と供給のバランスが戻り、値段が元の値段くらいに落ち着きます。

値段の変動のタイミングが分かってればその前に仕込んでおけばイイだけなので簡単ですよね。

つまり、半減期前に買っておき、値段が上がったところで売れば、比較的簡単に利益を出すことができるという訳です。

さらにこの半減期は仮想通貨ごとにだいたいどのくらいのスパンで来るかというのが明らかになっています。

ビットコインであれば4年に一度です。

ビットコインの次の半減期は2020年!

ちなみに次回のビットコインの半減期は2020年です。

今までの傾向からして今回も上がる可能性が高いのではないかと思っています。

まだまだ先ではありますが、皆さんも頭の隅に置いておくと良いかもしれません。

投資のビックチャンスに乗り遅れないようにしましょう!

ビットコイン購入ならコインチェックがオススメです!

安心簡単取引でごんじろうも愛用中です!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

良かったら他の記事も読んでいってください。

もし僕の記事がつまらなかったら似たようなジャンルの別の人の書いた記事もこちらにあるのでこっちも見てみるといいかもです。

では本日はこれでさようなら!

仮想通貨の関連記事
  • 仮想通貨の情報収集を効率化!おすすめニュースサイト17選
  • これで決まり!おすすめリップル(XER)ウォレットからNo.1を決定
  • Dappsとは?Dappsで社会の変革が訪れる?将来性や実用例を紹介!
  • 【ICO】保険系ICOのUnizon(ユニゾン)とは?将来性・購入方法について
  • 【ICO案件】医療系ICOのNAMコイン(ナムコイン)とは?将来性・購入方法について解説
  • 仮想通貨LISK(リスク)とは?リスクコインの将来性や買い方について
おすすめの記事