どうも!

副業投資家のごん、じろうです!

今回はFXや株や仮想通貨等の取引で必ず見る事になるであろう【チャート】を見る上で、超基本の部分にあたる【ローソク足】というものにフォーカスを当てて説明していこうと思います。

【ローソク足】の形がどうなっているか見るだけで、この後の価格の下落や上昇を予想することもできます。

とにかくローソク足が見れなかったらトレードなんかできないのでここで必ずマスターしておきましょう!

では早速内容に入っていきましょう!

ローソク足ってなに?

皆さんはこんな図を見たことがありますか?

いわゆるチャートってやつですね。

この【チャート】は下の図のような【ローソク足】というもので構成されています。

この一つ一つの事を足(あし)と呼びます。


このローソク足には【1分足】や【1時間足】があります。

【1分足】なら1つのローソク足で1分間、【1時間足】なら1つのローソク足で1時間という意味です

ローソク足の形にはそれぞれこんな意味があります。

1番高い値段というのは1分足なら1分間の中で値段が動き続きますので、その中で1番値段が高かったという意味です。

ちなみにこれは前回の終わりの値段より高い場合です。この場合のローソク足は【陽線】と呼びます。

これが逆の前回の終わりの値段より低い場合は【陰線】と呼ばれ、下の図のような意味になります。

このようにローソク足では一定期間の値動きを瞬時に把握することができます。

続いてはローソク足から予想ができる値動きについて考えて見ましょう。

ローソク足でわかる値動きの特徴とは?

先程のチャートをもう一回見てみましょう。

ちなみにこれは直近のドル円の日足チャートです。

が【陽線】でが【陰線】です。

ぱっと見て感の鋭い方は気づくと思うんですが、大きな陽線つまり、大きくがつんと値上がりした後は逆に値段が下がっています。

逆も同じで大きな陰線が出た後は値段が上がっています。

相場は上がりすぎたり、下がりすぎたりすると跳ね返り安いです。

これは市場の原理原則になります。

上がったり下がったりを繰り返して相場は動き続けているので、ずっと上がり続けることや下がり続ける事はほぼほぼ無いです。

もちろん株取引で会社が倒産したり、FXだったらその通貨を扱う国が潰れたりしたら価値はもう戻ってこないですが、そんなことはそうそうありません。

基本的に値段はある一定の区間を行ったり来たりを繰り返しているものと思いましょう。

要は大きな陰線がでた場合は逆の買いを、大きな陽線がでた場合は逆の空売りをすればおのずと儲ける確率は上がってくるという事です。

ここまでローソク足を紹介してきましたが、

当然投資はこれだけでうまく行くほど簡単ではありません。

ローソク足に大衆心理や過去の同じような状況での値動きを分かるようにするテクニカル指標というものを加える事もあります。

またチャートだけではまかない切れないような経済指標や世界の動きというのもかなり重要になってきます。

その他の分析法についてはこちらで紹介しているので是非そちらも参考にしてみてください。

もちろん超初心者でもわかるように簡単に書いてます!

また今回の記事でFX始めてみたい!と思った方は下の記事でオススメのFX口座を紹介してるのでこちらも是非読んでみてください^^

初心者にもオススメのFXの口座比較はこちらから

最後に

本日はチャートの基本ローソク足についてでした。

つまらなかったという方は同じジャンルの似たような記事がこちらに載ってるのでこっちも見てみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

投資入門の関連記事
  • 大注目のDappsゲーム!オススメのDappsゲームまとめ!
  • 【プレセール】ゲーム性抜群!育成シミュレーションDappsゲーム『AXIE infinity』とは?
  • 【プレセール】注目のDappsゲームETH TOWNとは?Dappsゲームで仮想不動産投資!
  • 【ICO】急成長中のフィリピン発!フィンテック系ICOのMAXBOX(マックスボックス)とは?概要・購入方法を解説!
  • ビットコインキャッシュとは?チャートから見る推移と買い方
  • クラウドバンクは危険?メリット・デメリット解説・評判!
おすすめの記事