ども!こんちわ!

ごんじろう(@gonjiro999)です!

本日は最近なにかとアツい仮想通貨取引所のZaifをご紹介致します!

『Zaifってそもそもなんなの?』や『Zaifって危険なんじゃないの?!』等いろんな声があります。

今回はそんなZaifの事がイマイチわからない初心者の方向けに、Zaifのメリット、デメリットを解説をしていきます!

Zaifとは?

ザイフはビットコインを始めとする暗号通貨の取引所やウォレットを提供する暗号通貨総合サービスブランドで簡単に暗号通貨を売買することを目的としています。

運営元はテックビューロという会社です。

テックビューロは仮想通貨を始めとするフィンテック事業を請け負っている企業です。

大きなプロジェクトではZaif、mijin、コムサがあります。

設立は2014年の6月で社員数は30人程度で国内の仮想通貨業者と比べても新しく、まだまだこれから期待できる企業と言えます。

Zaifのメリット

さっそくZaifを使うメリットを紹介していきます。

Zaifのメリットは以下の通りです。

  • チャートが見やすい!
  • 手数料がダントツで安い!
  • Zaifでしか買えない特殊なトークンを多く扱っている。
  • 積立コインで自動積立投資が可能!

それぞれ詳細を見ていきましょう。

チャートが見やすい!

トレードの分析にチャートは必須ですよね。

しかし仮想通貨の業界ではあんまりテクニカル指標のついたチャートは見かけません。

しかし、Zaifならテクニカルもトレンドラインもばっちりです。

移動平均線やボリンジャーバンドはもちろんMACD等のオシレーター系も搭載してまし。

FXや株経験者なら仮想通貨でもなじみのチャートを見ながらトレードが可能です。

ダントツで手数料が安い!

ザイフで一番のメリットと言えるのは、購入にかかる手数料が安いという点です。

ビットコインの取引にはおおよそ0.01%~0.15%の手数料がかかります。

しかし、Zaifではこの取引手数料がマイナス0.01%になっています。

つまり購入をすると逆にお金が貰えるという仕組みになっています。

投資において手数料は完全にコストでしかないので、安ければ安いほどオトクです。

手数料という点でいえばZaifは他の取引所を遥かに圧倒しています。

※もちろん全ての通貨がマイナス手数料だとテックビューロが倒産してしまうので、その他の通貨(NEM、MONA等)では手数料が発生します。

Zaifでしか買えない特殊なトークンを多く扱っている。

ザイフにはザイフでしかできない事が2つあります。

その一つ目がトークンの売買です。

トークンとは、簡単に言うと独自の仮想通貨のことですが株式のような性質もあります。

つまり企業価値があがるとともに通貨の価値もあがります。

ザイフで言うと、Zaifトークンがこれにあたります。

Zaifトークンはテックビューロの成長とともに価値が上がっていくと考えられています。

Zaifトークンが買えるのはZaifだけです。

このトークンを購入できるのはZaifの大きなメリットと言えます。

積立仮想通貨で口座から自動積立が可能!

ザイフでしかできない事の2つ目は積立コインです。

積立コインとは、毎月口座から一定額を自動で引き下として、積み立て投資をしていくサービスです。

忙しい現代人が投資をするなら自動化はマストです。

さらに積み立て投資なら、ドルコスト平均法で平均単価を抑えることができます。

使い方は簡単で一度口座を登録してしまえば後はずっと放置です。

※口座登録は印鑑等不要でネットのみで完結します!

自動で毎日決まった額を積み立てて購入されます。

Zaifのデメリット

メリットの次にZaifのデメリットも紹介しておきます。

  • サーバーが弱め
  • 専用アプリが使いづらい

サーバーが弱め

Zaifのデメリットのひとつとしてサーバーが弱いという点があります。

過去に何度もサーバーダウンをしております。

しかしこれは悪意のあるサーバー攻撃を受けたこともあり、直近では対策もされております。

サーバーに関してはこれからに期待というところです。

専用アプリが使いづらい

専用のアプリがあるものの約定がずれたり、ログインが毎回手動だったりと現段階では全くつかいものになりません。

取引は今のところWEBから行うのが無難です。

こちらも今後の改善に期待したいところです。

公式サイト

今回紹介したほかにもZaifの魅力はまだまだあります!

公式サイトではそのすべてをご覧になることが可能です!

登録ももちろん公式サイトから可能です。

公式サイトは下記バナーから閲覧可能です。

登録方法については、以下の記事が参考になります。
https://xn--78j2ayab5g683tvm0atzcx31l5iau63a.com/1921.html

最後に

今回はZaifの紹介をしました。

Zaifはこれから伸びていく取引所だと思っています。

とはいえ仮想通貨の取引所は用途にあわせて使い分けが必要です。

Zaifだけでなくコインチェックやビットフライヤーの口座も併せて口座開設しておきましょう!

それぞれの取引所については以下で詳しく説明しています。

ビットコイン・仮想通貨取引所!まとめ・比較!オススメは?

こちらもあわせてどうぞ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

仮想通貨の関連記事
  • 仮想通貨の情報収集を効率化!おすすめニュースサイト17選
  • これで決まり!おすすめリップル(XER)ウォレットからNo.1を決定
  • Dappsとは?Dappsで社会の変革が訪れる?将来性や実用例を紹介!
  • 【ICO】保険系ICOのUnizon(ユニゾン)とは?将来性・購入方法について
  • 【ICO案件】医療系ICOのNAMコイン(ナムコイン)とは?将来性・購入方法について解説
  • 仮想通貨LISK(リスク)とは?リスクコインの将来性や買い方について
おすすめの記事